introduction

虫歯は作らない事がBestですが、完璧なケアにもかかわらず、運悪く虫歯が出来てしまった時の治療法についてお話します。
麻酔は電動注射器とカートリッジ式を用い、注射針に特に細い33Gと言うサイズのものを用いています。(普通の歯科用は30G:これより2サイズ細い)。
刺入時に感じる痛みは最小限になる様心がけています。

キシリトール

キシリトールを長期間摂取するとプラーク中のミュータンス菌数が減少してくる?.....。
これは少し難しい話になりますが、実はこういう作用機序があるのです。

キシリトールは菌体内に取り込まれるときキシリトール5-リン酸に変換されます、これが細菌に対して静菌的効果があり さらにその後、キシリトール5-リン酸は菌体内で加水分解されキシリトールは菌体外へ放出されてしまうが、この過程で細菌は全くエネルギーを獲得できずエネルギーを浪費してしまうのみ。その結果、菌の活性が失われ次第にプラーク中のミュータンス菌数が減少していく事になる、という事です。
また他の効果として唾液分泌が促進され、唾液によるエナメル質成熟作用や歯の石灰化作用が促進されます。再石灰化は糖アルコール分子中の水酸基が唾液やプラーク中のカルシウムと複合体を形成し、可溶性カルシウム量を増加させるので、無機成分を失ったエナメル質(cariesで穴の開きかけた表面)の再石灰化(再形成)が促されるためなのです。

今現在、日本でも多くのキシリトール製品がありますが、フィンランドほど基準は厳しくないものの厚生労働省許可・特定保健用食品と表示されたキシリトール製品なら歯にとって安全といえると思います。

composite

窩洞形成
窩洞形成
CR充填(A3.5色)・仕上げ
CR充填(A3.5色)・仕上げ

概要

歯髄まで達していない場合の修復方法ですが 前歯の場合は歯とほぼ同じ色調のコンポジットレジンという可視光線で硬化するペーストを充填します。奥の臼歯の場合も小さい場合は用いますが大きな場合、噛む力が大きくかかる場合や、隣り合わせの面を含むカリエス(虫歯)の場合は、臨在歯との接触点の位置、圧などの回復が困難なことや研磨が難しいことなどから、当院では歯の型を取って石膏模型上で作った金属のインレーを用いて修復することが多いです。

inray

歯の構造

概要

保険の場合はパラジウム合金(金12%含有)という歯科用金属で作ります。別項でふれますが保険外の場合はセラミックで作る事も出来ます。所謂「歯に銀を詰める」修復法(アマルガム充填:銀のパウダーを水銀で練ったものを歯に直接詰める方法)は現在でも行われておりますが、当院ではやっておりません。 材料は日々めまぐるしく進歩してますが、どんなに新しい良い材料を使って完璧な治療をしたところで、それでも自分の天然の歯には到底敵いません。「後悔先に立たず」じゃなく、歯はきちんと手入れをして定期的に歯医者で検診を受け、なるべく自分の歯の天然な状態を維持していきましょうね。

crown&bridge

introduction

俗に言う「かぶせる」事を指します。前歯の場合は歯とほぼ同じ色調の材料で人目に付く前面をデコレーションした「前装鋳造冠」で被せます。保険の場合は硬質レジン、保険外の自費の場合はポーセレン(陶材)で前装します。保険の場合は色調に自然感が出しにくく また吸水性の関係で変質しやすいので長持ちは期待できません。自費の場合は前述のポーセレン前装冠(メタルボンド)やオールセラミック冠(キャスタブルセラミック:商品名クリセラ)などのバリエーションがあります。臼歯部も同じです、臼歯の場合は時代の変化で審美性の点から少なくはなりましたが馴染みの良いGOLD冠もあります。保険の場合は否応無くパラジウム(金12%含有)で作りますので、色調は銀色になります 。

crown&bridge

歯の構造
価格 ¥80,000- +tax~

メタルボンド(陶材焼付前装鋳造冠)

保険の場合もほぼ作り方は同じですが、保険では前装部分が硬質レジン、保険外の場合はポーセレン(陶材)を用います。ポーセレンは吸水性が無い為、常に唾液に浸かっている口腔内でも色調が変化したり、磨き残しの汚れを吸って変色したりはありません。その為にポーセレンでは被せ目を歯肉より深く持っていくことが出来ます。ポーセレンは透明感もあり、また色調再現性もよく 例えば白濁や、ひび割れ(HairLine)を細工する事により隣接天然歯と酷似した見分けのつかないものを装着する事とが可能です。 保険の硬質レジン前装冠の場合は 吸着した細菌が歯肉の境目に触れている事により歯肉の縁(境目)が赤く炎症を起こす為 わざと境目より上に被せ目が来るよう深く形成しないか、或いは歯肉とメタルで触れるよう(少しメタルが見える)に形成します。

crown&bridge

e-max

審美性は気になるけど、今までは虫歯の修復には適合性の関係から金属が使われてきました。適合性が悪いと修復物と歯の隙間から汚れが侵入し2次カリエス(治した所の虫歯)を引き起こしやすく、またプラーク付着から付近の歯もカリエスになりやすい状態を作ってしまいます。このリン酸カルシウムによるオールセラミック修復材『OPC』は天然歯と組織構造、物理的性質が良く類似した生体親和性の高い材料で、適合性が良く、耐久性に優れ、硬さや重さも天然歯に似ています。金属アレルギーの心配も無く、色調の再現も微調整が出来る事から、最近患者さんから要望の多い治療法です。

窩洞形成
サンプル模型
CR充填(A3.5色)・仕上げ
実際の製作模型(下写真のもの)
CR充填(A3.5色)・仕上げ
set前の口腔内写真
(撮影の為ミラーで反転)
CR充填(A3.5色)・仕上げ
set後の口腔内写真

OPCというのは、歯の型を取り模型を作り、金属で作る代わりに、ガラスで鋳造し、その後電気炉の中で係留し、分子配列をセラミック化させたものです。 衝撃に対する硬さは歯の2倍程度、磨り減りは歯と同じぐらいの硬度です(噛みあう相手だけ磨り減っていくという事がない)  くっ付ける材料も金属の場合は歯科用セメントを用いますが、これは歯科用の接着剤で歯と一体化してくっ付けます。半透明なので一体化することで歯の色を透過して色が良く合うので修復部分が解りにくいです。当医院での症例数は大凡500を越えますが、割れたり外れたりと言う比率は1%未満だと思います。その場合はこちらで責任をもちます。

価格

インレー ¥30,000-~¥40,000- +tax  フルクラウン ¥60,000- +tax

crown&bridge

ブリッジ

欠損した歯を補うには固定性のブリッジという方法があります。欠損した両側の歯と共に被せる事で補う方法です(1本欠損の場合はその両側と共に3本分の連結冠)。欠損部の負担は当然両側の歯に掛かる事になり保険では部位や欠損数、支台歯数など細かい制約があり、保険対象外となる場合もあります。写真はメタルボンドブリッジ。

価格

\80,000-×本数分 +tax

保険の場合前歯はメタルボンドではなく硬質レジン前装のブリッジになり、臼歯部(奥歯)の場合はパラジウム冠によるブリッジになります。

欠損部(模型)
欠損部(模型)
ブリッジ装着模型
ブリッジ装着模型
裏面
裏面

crown&bridge

歯の構造
価格¥252,380- +tax ~

チタン製義歯(入れ歯)

チタンという金属の特徴は、生体親和性が高く金属アレルギーが出にくい事と 重さが金の約1/4、熱伝導率が貴金属の1/20程度から総義歯、部分義歯に適した材料です。異物感が少なく、温感に優れ、臭いがつきにくく、壊れにくい強さを有しています。総義歯ばかりでなく残っている歯に磁石を用いて装着するタイプの義歯や、残存している歯にばねをかけたり、ばねの代わりにジョイントする器具を用いたアタッチメントと組み合わせて義歯を作る事も可能です。

core

  • 根幹治療

概要

根管治療が終わった後の歯は失活歯ですから木に例えると「枯れ木」の様な状態です。歯から水分が抜け、石灰化が進むと硬く、欠け易くなりますが、これ以上に根管治療の際、歯の天井部分を穴を開け抜いてしまっている為に余計破折を起こしやすいですが、被せる前にこの欠損部分を補い歯の頭部分の形を整える事を支台築造といいます。(左の図ではグレーの部分)

支台

Core(支台)は保険診療では通常チタンのスクリューと築造用レジンで行います場合によっては、型を取って模型上で製作したキャストコア(パラジウム金属製)をセメントでつけます。

core

  • 根幹治療

FiberPost

天然歯より著しく硬いコア材料を用いると、応力が集中した際に歯根を破折する場合がありますが自費診療には天然歯と同様の弾力係数を持つグラスファイバー製ポストを用いる事で破折の可能性は低くなります。

  • 特徴として
  • しなる性質があるので、歯根が割れる可能性が低い。
  • 白いため(半透明)、審美的に有利。
  • 再治療が必要になった際の除去が比較的容易。
  • 金属アレルギーなどの心配がない。
  • 注意点として
  • 歯の状態によっては、使用できないことがある。
  • 保険外の治療のため、値段が高い。
  • (保険外のコアを使用した場合、クラウンにも保険が使えなくなる)
  • まだ歴史が浅いため、長期的予後には不安が残る。

ブラッシング

健康な歯肉
健康な歯肉
重度歯周炎の歯肉
重度歯周炎の歯肉

概要

歯周病(歯槽膿漏)というのは、年齢を重ねれば誰でもなる と思われがちですが、違います。確かに正しくケアされていても加齢的変化で歯肉は徐々に退縮し、その結果 歯と歯 歯肉間で作るの3角形の隙間(鼓形空隙)は大きくなり、また接触も緩くなりがちですが、歯の植立している歯槽骨に病的な退縮が起きてなければ、動揺がなく 固いものでも食べる事が可能です。若いうちは新陳代謝も活発で、病気に対する抵抗力も旺盛ですが、手入れを怠れば、虫歯だけでなく歯周病にも罹りますし、歯肉からの出血や膿、ひどい口臭も当然ながら発生します。

毎日、毎食後正しくブラッシングを継続的に行う事で健全な口腔内状態は維持できます。

次Pageに簡単に図で示しましたが、自分に合ったハブラシの選び方、正しいブラッシングの仕方をマスターする為にはやはりプロフェッショナルによる指導が必要です。日本歯科医師会がスローガンとして掲る 「8020」80歳で20本の歯を残そう (永久歯は28本)も あながち無理な目標ではありません。ブッラシングと歯間清掃が基本です。

ブラッシングの基本

  • ????????????
  • ???????????

歯ブラシは右図のような持ち方ではなく、鉛筆を持つようにする方が手首の自由が利き、ブラッシング圧は少ないので歯や歯肉に負担がかからない。

  • ????????????
  • ???????????

プラークの貯まりやすい歯と歯肉の境目に45度ぐらいに当て小さく振動させるように、1本づつ丁寧に。また、歯ブラシの先の部分を歯と歯の間に通して磨く。

ブラッシングの基本

  • ?|???`??
  • CR?[?U?iA3.5?F?j?E?d?グ

大きなストロークは歯と歯の間や、境目を歯ブラシの毛が飛び越えてしまい表面だけしか磨けない。

使用する歯ブラシ

歯ブラシは自分の親指の幅ぐらいの大きさが適当で、毎食後10~15分を推奨します。正しくブラッシングが行われている歯ブラシは、ほぼ10日~14日ぐらいで毛先が開き新しいものと交換になります。

pmtc

PMTC器具の一例
PMTC器具の一例

概要

PMTC = Professinal Mechanical Tooth Cleaningの略。
毎日のセルフケアに定期的な検診を習慣付ける事で口腔内状態は維持する事が出来ます。スケーリングと呼ばれる歯石除去や 根の部分に付着した歯石を除去するルートプレーニングにより歯石の付着しにくい綺麗な状態に戻します。歯石除去は超音波で振動するチップを用い、また手用スケーラーで除去します。その後歯科用エンジンに装着した回転するブラシや、シリコンゴムのポイントに専用ペーストを付けて研磨します。

hygiene

滅菌にはオゾン水と超音波洗浄器を用い随時よく洗った後、薬品を用いた高圧滅菌しています。

  • ?I?]??????????
    オゾン水生成器
  • ?????g????
    超音波洗浄器
  • Lisa
    Lisa
  • ???BOX
    保存BOX

オゾン殺菌のしくみ

細菌細胞は、染色体の外側にタンパク質と脂質からできた柔らかい細胞膜があり、その外側にタンパク質、多糖、脂質でできた細胞壁があります。
オゾンが空気中に放出されると、オゾンと水分が反応してOHラジカルが生成され、硬い細胞壁を酸化破壊しはじめます。すると、細胞浸透率が変化し、酵素の活性が失われ、核酸が不活性化される事により、死滅します。

hygiene

塩素殺菌との違い

オゾン
強い酸化力で、細菌の細胞膜を破壊し分解することにより死滅
→速攻的殺菌性
塩素
殺菌力は濃度に比例し、細菌の細胞膜を通過して核酸を攻撃し、酵素を浸すことにより死滅
→残留殺菌性

塩素は残留することにより殺菌効果が持続し、細胞膜を通過して核酸を攻撃する死滅法のため、耐性菌ができやすくなります。オゾンは細胞全体を破壊するので、耐性菌はできにくくなります。

オゾン殺菌のメリット

  • オゾンは使用後もすぐに分解して酵素に戻るので、残留毒性の心配もなく、安全です。
  • オゾンは直接細菌に反応して分解しますので、非常に効果があります。
  • オゾンは、直接食材に反応させても害はありませんので、幅広い用途にお使い頂けます。

hygiene

種類 濃度(ppm) 水温(℃) 時間(秒) 死滅率(%)
病原性大腸菌O-157 1 21 5 100
病原菌大腸菌O-26 1 21 5 100
一般大腸菌群 0.96 21 5 100
サルモネラ 0.7 21 5 99.9
黄色ブドウ球菌 0.96 21 5 100
トキソプラズマ 0.7 21 15 99.9
腸炎ビブリオ 0.7 21 15 99.9
エキノコックス 0.7 21 5 99,9
緑膿菌 1.01 21 5 100
クロストリジュウム・パーフリジェンス 0.96 21 5 100
インフルエンザ 0.96 21 5 100
ノロウィルス 0.96 21 5 100
鶏脳脊髄炎ウィルス 0.96 21 5 100
犬伝染性肝炎ウィルス 1.2 21 5 100
犬パルボウィルスX 0.96 21 5 100